シーバス 落ち鮎パターン 裏技メソッド 釣行

【落ち鮎パターン入門】ランカーシーバスを狙って獲るビッグベイト戦略を紹介

今回の記事では最近初めてシーバス釣りを始めた方、まだランカーを獲ったことが無い方は必見!

さらに、秋に役立つビッグベイトのメソッドとランカーの獲り方のコツを紹介していきます!!

どんなルアーが良いのか、どんなポイントが良いのか、是非参考にしてみて下さい♪

ランカーシーバスを狙って獲る!ビッグベイト戦略方法

以前に落ち鮎パターンについての記事はいくつか載せていますので後ほど紹介していきます!

落ち鮎パターンや落ちない鮎パターン、両者とも増水時は確実に流れてくるベイトを意識するのでこの時期のキーワードは「増水」

増水ってどのくらいが限度がわからないよ~…

某アングラー

恐らくこういった疑問を持っている方は多いのではないでしょうか??

災害レベルで川が氾濫しながらも釣りをするのは危ないので避けるべきではありますがアングラーが思っている以上の増水でもシーバスは遡上しています。

しかし、こういった大増水の状況下では一部に付き場が絞られるために見つけてしまえばパラダイス。

見つけられなければ辛いだけの釣行といったように天と地の差です(笑)

筆者

でも、サイズを出すならプチ増水がおすすめ!!

では、詳しく書いていきます!!

ランカーシーバスが遡上するタイミングとは?

特に秋はランカーサイズが群れで入るタイミングが確実にあります。

そのタイミングを待つのではなくある程度予想して狙い撃つことが必要になってきます!!

当ブログをご覧の方はご存知かもしれませんがその一つに第一陣と筆者が言っている群れがあります。

第一陣とはシーズン初期に入る一番大きな群れ。どこの河川でも間違いなく第一陣の遡上タイミングがありますので逃さず狙い撃つことが重要です!

★その遡上のタイミングが今から紹介するプチ増水です。

もちろん大潮などといったタイミングも関わることが多いのですがイメージとしては増水>大潮前後

プチ増水とは小雨で2日間雨が続く場合などゲリラ的な雨ではない、長期間の弱い雨を指します!

もし、こういった天候でしたら間違いなく仕事や学校より優先順位を上げないといけません(笑)

イメージは…釣り>仕事・学校

このタイミングは第一陣の群れに関わらず第二陣、第三陣とシーズン中は三回ほど大きな群れが入るはずですので第一陣を逃したとしても諦めずに次の遡上する群れのタイミングを狙い撃つことがデカい魚を出すためには必要となってきます!!

ビッグベイトでランカーを獲るテクニック

今週のビッグワン

デカい魚はとにかくこの流し方が重要でシビアになる…そう言われがちですがビッグベイトを扱う上でこれから紹介する3つの方法で対応しています!

大きく分けて三種類。

ポイント

①ドリフト

②ノーテンションドリフト

③ハンドルスキップ

①動きながら流されるベイト(ナチュラル)

②落ちてくるベイト(ナチュラル)

③リアクション(反射)

全部のシーバスが落ちるベイトが好きなわけではなく、動いているベイトに好反応する魚もいればリアクションで反応させる時もあります♪

ビッグベイトのテクニックをそれぞれ解説

ビッグベイトのドリフト釣法

まずは①ドリフトですが二つ前の記事で紹介した通りで流して食わすイメージではなく、魚がいるであろうピンを決めてから流れを利用してルアー送り込むイメージを持つことが大切だと思っています!!

魚がいるであろうピンを決めて→ルアーを送り込む。

あやふやに投げて、よくわからずに流しているだけではドリフトの釣りは上手くなりません…汗

釣りで釣果アップのテクニックは魚の反応を得てなんぼですので♪

さらに詳しく知りたい方はドリフト専用記事がありますので下記からどうぞ!


ビッグベイト ノーテンション釣法

②のノーテンション釣法は難しいイメージを持っている方も多いかと思いますがとても簡単です!!

上記で紹介したドリフトの釣りで巻かなければOKです(笑)

さらにこの手の釣りは落ち鮎パターンで使うことが出来ると一気にサイズが上がるのでとてもおススメです!!

それで本当に出るの??笑笑

某アングラー
筆者

ただ浮かべているだけで水面爆発してくるんだよ♪

でも、上流へ投げるので糸ふけは取らないとダメだよ♪

もし、信じられない!!イメージ湧かない!!!

そんな方へおすすめの動画はコチラ。

自身のYouTubeチャンネルではあるのですがメガドッグを全く動かさずに浮かべているだけで水面爆発しますので宜しければご覧ください♪

巻くドリフト巻かないドリフトこの二種類があればすべての状況下で対応できますので是非、試してみてください!

さらにこのノーテンション釣法では水面爆発してくるがゆえにルアーを吹っ飛ばされることが多々あります…。

ミスバイトがあってフックに触ってしまったときに必須のちょっと知っておきたいメソッドを紹介します♪


【今回のメイン記事】ハンドルスキップ釣法

今回のメイン記事となるハンドルスキップ釣法!

恐らく聞いたことが無いと思います(笑)

→今思いついた言葉ですので!!笑笑

個人的な感想ですがマジで…ヤバイです…。

【ココから真面目にいい事書きますw】

その方法としましては先ほどの動画でも使っている小技ではあるのですがカクカク巻き!!

普通ハンドル一回転は円を描いて巻いていますがこのハンドルスキップ釣法では三角形や四角形を描くイメージでカクカク巻いてきます

これは落ち鮎パターンとはいえない初期の時期や落ちない鮎パターン、スレた時、バレた時、そんな時に爆効きです!!

このハンドルスキップ釣法が特に威力を発揮するルアーはジョイント系。

ジョイント系でハンドルスキップ釣法をするとどうなるのか?

→ジョイント系はS字を描いて動くため、通常のルアーと比較すると水中での移動距離が少ない!!

S字で横へ大きく振れて動くために移動距離が少ないながらも大きな波動を出すことが出来ます!!

ココを最大限に発揮したのがジョイント系ルアーのハンドルスキップ釣法!!

このアクションをすることで横へ大きくダートを繰り返し、尚且つルアーの移動距離が少ないので魚はイチコロってことです(笑)

ハンドルスキップ釣法でのランカーヒットシーンは多数動画に載せていますので、もしイマイチイメージ出来ない方がいましたらご覧ください♪

FateRegister

最近使用しているこちらのビッグベイト。ハンドメイドなのですがこれがよ~く釣れる(笑)

欲しい方は上記のボタンからルアービルダー櫻井さんへメッセージしてください♪


イチ推し!ビッグベイトはコレだ!!

もはや安定のジョイクロ(笑)

いつも落ち鮎パターンの記事では紹介しますがそれほど使いやすい万能ルアーです。もしジョイント系ルアーを持っていない方いましたらまずはジョイクロで始めるといいですよ~♪

人生最初のジョイクロフィッシュは感動ものでした♪


メガバスから登場しているアイスライド185。Amazonではジョイクロよりも安いのでこちらもおススメです!!

ジョイクロは有名で使用している方も多いですがこちらは少ないイメージです…。

でもボリューミーで筆者はこっちの方が好きでよく使用しているビッグベイトであります!!


知る人ぞ知る爆釣れルアー(笑)ジョイントが2継手でよりヌルヌルとしたアクションをするので水に流すだけで既に泳いでいます(笑)

このルアーで釣ってる方を見るとなかなかの強者だなぁ…なんて思ってしまいます♪


ではでは、今回はここまで。

ご覧いただきありがとうございました!!この時期はさらに面白い釣りをブログやYouTubeを通して展開しておこうと思いますのでお楽しみに~♪

さらに当ホームページの”釣果速報ページ”では主に新潟県の釣果を随時記載していきますのでそちらもお見逃しなく!!

また、↓下記のリンクでは他のブロガーさんの釣果をご覧いただけますので小さな情報を逃さずチェックしてくださネ~♪

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村

-シーバス, 落ち鮎パターン, 裏技メソッド, 釣行
-, ,

© 2021 NOFISHBOY Powered by AFFINGER5