ヒラマサ 釣行

【DAY2】佐渡ヒラマサキャスティングゲーム


今回のヒラマサ遠征からしばらく経ち、落ち着いた今日この頃ですが振り返ると二日目もヤバかった(笑)

今回の記事はDAY2ですので続きという形になりますのでまだご覧になっていない方はコチラをどうぞ!

そんなこんなで120㎝クラスのシイラやワラサが連発した一日目が終了し、二日目は夜明け前から磯に立った。

前日のワラサを夕ご飯で食べたが、食べきれず火だけ通して味噌汁にしておいた。

朝ごはんはコレで決まり(笑)


期待の朝マヅメ

温まりながら迎えた朝マヅメ。

日の出と共に実釣をスタートすることに!さ~て、今日はどんなドラマがあるのかな♪

そんな思いを胸にキャストを繰り返すこの瞬間が最高に気持ちいいんだよね!

この日は凪&アングラー多数。

このような超絶避けたかった状況になってしまったが午前中から風が吹く予想であったため、午前中で勝負を決めたい・・・

しばらくすると、水面で跳ねるベイトが現れたがどうやら機能と同様にマイクロベイトらしい。

あの食わないボイルが始まるやつネ(笑)

そのボイルは機能攻略できそうでできなかったが糸口は見つけたので即シンペンへ変更!!


秋特有のミスバイト攻略

1,2投したら再びダイビングペンシルに戻して魚にルアーを見せつける!

ダイビングペンシルでは食わない事を前提にしての釣り方であり、シンペンに戻した数投で魚を獲っていくズル賢い狙い方である(笑)

【イメージ】

ダイビングペンシル

おっ!?

な~んだ、ルアーかw

ダイビングペンシル

またルアーかww

全くそんなのお見通しだてwアホだぜw

ダイビングペンシル

はいはい。もはや相手にしてられんからスルーしよw

シンペン

んんんんんな~~んだゴレ!?!?

食うしかねぇ!!

ぱくっ♪

こんなイメージ感じ(笑)

ヒラマサに限らずどんな釣りでも水中へルアーを入れるだけスレる為、あくまでも必殺技としてシンペンやミノーを1、2投だけ入れると魚を食わせられるよ♪

前日はそんなちょっとした狙い方がキーでした!

そのため、この日も同じ狙い方でアプローチしていく♪

さらに水色はクリア、凪であることから早巻きで食わせるリアクション要素を取り入れることに!

過去の経験上、このような状況ではリアクション要素を混じえるとさらに魚と近くなる・・・気がしています(笑)

そこで今回使用したシンペンとは…。

JUMPRIZEピピデビル125S

【公式】JUMPRIZE


ララペンを投げていたが変更した2投目、狙い通りヒット!!した瞬間にバラシしてしまった(笑)

早巻きで追尾してきたものの軽くアタックしただけ。

捕食しにきたのではなく、興味を持っただけ。といったところかな?

そんなイメージがあったのでダイビングペンシルへ変更して数投後にもう一度ピピデビル125Sをぶち込んでやろう。

反応があったことは個人的に大きいので工夫すれば獲れる魚である。

ピピデビル125Sでは早巻きで早い動きで見せたこともあり、次はスローで動かすことが出来るララスイム170に変更!

その一投目、やはりヒット!!

コレもバラすバラシマスター発動(笑)

125→170の大きさでのギャップとルアーが動く速さのギャップ。

全く正反対のことをすると魚は確実に反応してくる事はヒラマサだけでなくシーバスも全く同じなので釣りの引き出しは魚種問わず!ですね♪

ルアーローテがどれだけ重要かが分かる瞬間であった!

ココで休憩(笑)


遂にメーターオーバーが・・・

朝マズメは不発、何発かは出たが釣れずに終わってしまぅた・・・

しかし、朝マズメは捨てでお目当ての時間はこれから。

風が吹くタイミングで魚が入ってくるはずなのでベストなタイミングでベイトコンディションで!現在は風待ちの休憩中である(笑)

休憩が終わったのは朝の8時頃、急に沖がざわつきはじめ予報通り風が吹いてきた。

この吹きはじめが最大のチャンスで最も集中しなければいけない緊張のタイミング…。デカい魚が入ってくるとしたら間違いなくこの瞬間である

沖からざわつく波が徐々に岸へ近づいてくるドキドキ感がたまらん♪

完全に岸へ風が入ると風速5~6m程だろうか??

一番投げやすく、風と流れが同調してきたことからアピール力の波動を重視したララペン200とぶち込む!こうなってしまえば先ほどのルアーローテで食わすシビアな展開など気にすることなく、魚が入ってくるまで気合いでルアーを動かすだけ(笑)

そして!!

キタキターーーー!!

ドバーーン!!ドバーーン!!と水面をド派手に割って出てきた魚体がララペン200を襲う!

全く前日と同じ状況である。

このキャストではルアーが飛ばされヒットしなかったが次のキャストはきちんとフッキング!!

上がってきたのはまたしてもこの子(笑)

しかしながら前日よりもサイズアップとなるデカシイラに驚きと嬉しさが込み上げてきた!!

・・・泣いていませんが(笑)

そのため見てください、この満面の笑み(笑)

それにしてもシイラはヒラマサと違うカッコ良さがあるので大好きなターゲットであり、獲ったのは佐渡とはいえ新潟県の地磯である。

メーターオーバーのシイラを2本獲れたこと凄い事なのかもしれない!

その後は疲れたので気合注入して帰ることとなった。

って気合注入のタイミング間違ってるっしょ笑笑

読者


激オシ!活躍アイテム

ララスイム170は最近発売され、知名度が薄い!

スローに誘うルアー専用と言っても過言ではないほど、スローアクションに特化したルアー!キビキビ動くララペンのようなダイビングペンシルとは正反対なアピールができるため、ヒラマサに限らずマグロやブリ・GTなどにもおすすめ!飛距離も申し分ないので試してみると新しい引き出しが増えるに違いありません!


今回の食わない魚にスイッチを入れることができたスイッチオン125S(笑)かっ飛び棒は早巻きですぐに浮いてしまうがピピデビルは早巻きでも飛び出さない、さらにハイピッチでアクションするため集魚力の強さに感動しました(笑)

春に訪れた時、同様に必殺技として必ず持っていくルアーなんです♪


最後にライン。こちらは初使用ですのでインプレしたいと思います!

私は低価格ラインからYGKオッズポートのように数万円するようなラインまで幅広く試しています!そこで今回はコチラのダイワ12本編みを使用してみたのですがしなやかさは抜群でした!!さらにノットの編み込みがやりやすく思えましたが欠点として擦れた時にどうなるかが実証したいのでもう少し試してみます!

今のところは価格的にもとても良いかと♪


ってな感じで今回の佐渡が終了したのですがヒラマサが1キャッチ。

実は写真撮りませんでしたが小さい40㎝クラスのヒラマサがジグで釣れました(笑)

そんな今回の釣行はYouTubeにて収録してありますので宜しければご覧ください♪

新潟県の釣りブログはコチラから♪

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村

-ヒラマサ, 釣行
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 NOFISHBOY Powered by AFFINGER5