ド変態ブログ紹介

全国を翔けまわる高ガキ生のブログとはいうものの、遠征費や時間が無ければどこにも行けませんので主に新潟県のド変態釣行記になります。

ド変態とは!?笑

新潟はほんとうに四季折々、年中釣りが楽しめる本当にいいところだと胸張って言えます!!

どんな釣りをしているのか、まずは春から~♪

2~3月

いや~新潟の初春は寒いので…釣りをするのが一番!!笑

サゴシから始まる春。

ラインぶちぶち切られるからといって安いルアーで遊ぼうとすると釣れないんですよね笑笑

4月

サゴシと並行してそのままホタルイカが糸魚川で湧いてくるこの時期。糸魚川ホタルイカパターンなども言いますが当たり外れが激しいのでおススメはちょっと…汗

でも、ランカーシーバス、チヌはもちろんですが尺メバル、座布団ヒラメ、乗っ込み前の超大型真鯛も混じるのでなかなか面白い♪

年によっては産卵後(アフター)の腹ペコで徘徊しに来たメーターシーバス目撃やチヌ10枚キャッチなども過去にありました♪

糸魚川ホタルイカパターン
おメバ様

そこで同時に始まるのが真鯛。こいつは本当に外ればかりで未だ読めないのですが潮がいい日は比較的ビンゴになる日が多い気がします…

でも、真鯛ばかりは狙って数釣っていないのではっきり言えません(笑)

現在、正解探しに頑張っている最中です(笑)

←次の日オフショアでも(笑)
この日は2キャッチ

5月

個人的には一番熱い時期。

大型魚はもちろんですがショアにオフショア関係なしで様々な魚が釣れてくれます!!

産卵絡みでショアラインに寄る魚が多いことが理由の一つですが...おススメは…鰤っ♪

イワシに付いていないとあまり美味しくないのですがサーフや堤防からプラッキングで大型ブルーが釣れる上越、糸魚川!!

近年はオフショアでヒラマサが釣れるようになり、これからの海にかなり期待しています!!一部を除いて新潟の遊漁船はジギングがメインでキャスティングが弱いのでこれから釣果を伸ばすならココ!!

→ちなみに料理も好きなので魚の美味しいレシピもブログに載せています(笑)

オフショア10㎏オーバー
90弱のショア鰤

6月

6月は~ちょっと微妙な時期(笑)

強いて言うならリバーシーバス。リバーシーバスはビッグベイトの釣りオンリーですので7月が自身の本格シーズンですが第一陣と言われる最初の遡上群。

彼らは5月中か6月頭に間違いなく遡上するのでデカい、多い、綺麗の3点セット♪

リバーでなくても海はサーフで乗っ込みの座布団ヒラメやシーバスのトビウオ&稚ベイト&ホタルイカ(まだいるw)の混合最強パターン。

10㎏オーバーショアレッドも揚がっているので簡単ではないですがかなり熱い時期でもあったり。

ヒラメに関しては毎年90upは出ていて、人数や知名度を比べたら遠州や仙南サーフを超えそうな気がします。過去にヒラメの110㎝を知り合いが釣っているので夢しかありません(笑)

7月8月9月

この時期はあまりネタが無いのでまとめて書きます(笑)

上記でも書きましたがリバーシーバスは県内で激熱。

阿賀野川では満願寺堰と言われる堰を乗り越えて遡上していく清流域でのシーバスや田んぼの脇で釣れるいわゆる”田んぼシーバス”(笑)

恐らく「田んぼシーバス」でググるとアメブロ時代の記事が出てくると思います(笑)

そして同じような感じで畑の横で釣れる畑シーバス(笑)

清流シーバス

さらに激オシのトップゲーム。旧NOFISHBOYではかなり詳しく乗せたのでGoogle検索にも上位で引っかかっているのではないかと!?

そんなことはさておき、当ブログでも書いていきますので是非ご覧ください♪

10月

この時期は何といっても落ち鮎パターン。地元上越では3年周期くらいでアタリ年がきます(笑)

水面0距離爆発

まぁ、下越の阿賀&信濃は毎年いいでしょ!!

って思っていたらどうやら同じ感じで3年周期程でアタリ年がくるみたいです(笑)どこも似てました(笑)

狙うとすれば10月最初の変化がある潮。

大潮新月が...など聞きますがあまり関係なくて大潮の1日で大きい変化が沢山あるよりも”変化が少ない潮での変化”を狙ったほうが大型を獲れる気がします。

実際に毎年90upをこの潮回りで出しているので間違いないと思います!!

釣りをはじめたときから潮や水温、気候、ベイトなど取れるデータは全てを取ってきたので大型が出るであろう潮もリアルタイムにブログに公開しちゃおうかな…

やっぱやめた♪

なんてね笑笑

まじめな話は嫌いです(笑)

でぶちんスーパーランカー

補足として佐渡のヒラマサ。

コイツもこの時期にハイシーズンを迎えてミスバイトは多発ですが稀にデカい魚が混じってきます。

11月

11月、12月は磯マルシーズン。

筆者が一番得意とする分野です!!

左、JUMPRIZE井上さん

新潟県は九州のようなTHE磯、のような磯はありませんが主に平磯と言われるスリットのサラシ撃ちの釣りがメインになってきます!!

合言葉は”波は西1.5m”

これでピンっ💡とくればもう新潟の磯マルを制したも同然(笑)

上越糸魚川はもちろんですが中越、下越、佐渡でも全部通用する最強の合言葉です(笑)

中~上越糸魚川では鳥の察知能力が低すぎて磯でなかなか鳥山が出来ない(笑)

(しっかりしろ!!)

なので直感と水質がキーワードになるのですがその原因となるのが合言葉。

書くと11月が終わらないので今度ブログで詳しく書きます(笑)

そして、そして、

毎年、追っている希少価値の高い地元ヒラスズキ。SNSでもプチ話題になりましたが昨年ようやく5年ぶりにキャッチ。

サイズもヒラスズキと呼べるサイズなだけに叫びました(笑)

でも、水温も上昇しているので近年の新潟ヒラスズキにも期待してたり♪

新潟県産ヒラスズキ

12月、1月

ハタハタパターンですよね!

んっね!!

強制感ありますがハタハタパターンはもう有名どころかお祭り騒ぎ(笑)

聖地とも言われる上越、糸魚川が私(BOY)の地元ですので地元事情は把握してます♪

ハタハタパターンは雪withアングラーでしたが最近は雪が降らないハタハタパターンがほとんどで冬でもそこまで寒くない日が多いですね!!

でも、一級ポイントの人数を見ればは誰もが息をのみます(笑)

昼から…いや、なんなら数日住んでいる人まで(笑)屋台出せば確実に儲かります(笑)

それほど大型のシーバスを狙えることで有名な上越、糸魚川。近年は小型化してきたと言われますがそれは情報が回っている中での話で良い日に当たれば一晩でランカー10本なんて日も♪

同時進行でナイトはハタハタパターン、デイはイワシパターンで無敵化した中越~上越糸魚川は止まりません(笑)

毎年、特に用事がないクリスマスが一番熱い(笑)

サンタコラボ(笑)

そんなこんなで四季折々、新潟の釣りを全力で楽しんでいます♪

はじめて釣った時のあの感動を全国いろいろなところを旅してもっともっといろいろな人に届けたいと思っています♪

釣りじゃなくたっていい…

おしまい。

© 2021 NOFISHBOY Powered by AFFINGER5