釣行

新潟県磯マルオープン戦


ブログを二日休んでしまったのでまた毎日更新、頑張らなきゃ♪

そんで良いうねりが入る予定だったので釣りに行ってたわけですが…実際に海を見たら微妙に濁りが・・・

しかも、北西うねりで入っているのかと思いきや不規則な波。

コレ、出るかなぁ(笑)

2020秋 磯マルオープン戦

この日の状況


この日入ったポイントは北うねりが入ると強いポイントなので少し期待していましたが前日の一時的な大雨でかなり嫌な濁りが入ってました!

それも波がまとまっていればなんとかなりますが、ごちゃごちゃで定期的にセットが入る状態

キャストはそのセットが入るまで待たないといけない海状の難しい釣りです。

釣りをしている時間よりもセットが入るまで待っている時間の方が長いかもしれません!

こういった時は爆発力は無いのですが単発の回遊してくる魚を拾うのかランガンで居つきの魚を狙うのかを状況を見ながらはっきりさせた方が魚に近づくような気がします♪

タックル


今回は届いたツーリミット105モンスターバトルのインプレもかねての釣行であったので行く前からワクワクしていました笑笑

インプレ内容として、

テスト内容

・かっ飛び棒のフルキャストのキャスト具合

・プチボンバーシャローライトの操作性

・魚を掛けてファイト確認

この三つ出来れば個人的にOK~

結果としてはこのテスト項目を全てクリアしました♪

後ほど紹介します!!

実釣開始


この日、海に立ってもう一つ気が付いたことがあって・・・

水位が低い!!!笑

全く、水位が低すぎて普段のルアーを通すコースが引けないじゃないか(笑)

でも、普段引かないコースが引けて面白い一面も♪

やってみないことには釣れないのでまずはポポペンから広くサーチ開始!!

ポポペンはセットで入る最後の波の後ろへ投げて、伸びたサラシへルアーを通す事が大切です!!

めちゃくちゃ重要でポポペンは特にこのタイミングルアーを入れないと魚が認知してくれません。さらにこのタイミングで通せると出なかった魚がボコボコ出るのも特徴の一つです!!

是非、試してみてください!!

さらにぶっ飛び君、かっ飛び棒とローテするも反応が無いので遠距離戦は諦めて手前のラッキーフィッシュを拾う作戦へ変更。

それにしてもかっ飛び棒130BRのフルキャストが綺麗に決まる!!

感覚としては106モンスターバトルよりもやや柔らかく、105マルチよりはシャキッとしてます!!

かなり使いやすい!!

上越ではオールウェイクの105マルチがベストかと思っていましたが、この竿はツーリミットですが完全に超えましたね(笑)

そうそう、↑のラッキーフィッシュとは手前の見過ごしてしまうような小さな変化に居着く魚のこと。

遠投すると手前は早巻きで回収していませんか??

実はその回収しているエリアにも魚がいるので狙い方を変えて丁寧に攻めることは大切です!

ここではプチボンバー70シャローライトを使用して、サラシ下をふわふわ浮遊するようなベイトを演出します。

狙い通り、足元でヒットしてすぐにリフト。

このバッドパワーはやはりモンスターバトルといった感じです♪

いや~、めちゃくちゃ良い(笑)

掛かりはリアフックだけでしたが曲がってくれるので全くバレる気がしません(笑)

そもそもジャンプライズロッドは磯やサーフが主な開発舞台なので「曲げて獲る」ことの重要さがわかります。

サイズは70少しでした

ヒットルアーはプチボンバー70ssシャローライトの「バナナフラッシュレインボー」

濁りがあるときは明るいかつ、ホログラムでハイアピールがキモとなります♪


この後はポイント移動もしましたが濁りで釣りにならず、大人しく帰宅しました(笑)

かなり連絡が多いJUMPRIZEツーリミット105モンスターバトルですがモンスターバトルシリーズの中でもティップが入ります!!

その為、プチボンバーシャローライトでも全く問題無しに操作できますしかっ飛び棒のフルキャストが気持ちいい(笑)

ロッドティップ以降のベリーが残ってくれるのでシャキッとキマります。

しかし、かっ飛び棒やジグをメインに使用する方はさらに張りのある106モンスターバトルや108モンスターバトルがおすすめです♪

ぶっ飛び君やミノー系、棒などオールジャンルに使用したい方はかなりベストロッドになるのは無いかと思います!!

あとは欠点を探しています!

では、また釣果がありましたらブログで更新します♪

新潟県の釣りブロガーの釣果はこちらから

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村

-釣行
-, , , ,

© 2021 NOFISHBOY Powered by AFFINGER5